微笑む女の人

投資物件選びは気軽に購入可能なアパートで決定|魅力的な収益物件

投資のための物件選びとは

室内

投資物件としてアパートの人気が高まっています。地価の上昇を受けて購入希望者が増えていますが、これは家賃収入でローン返済を行う形で、土地を保有できることが理由となります。その値上がりの恩恵を受けることができます。

詳しく読む

何が成功のカギを握るのか

物件

立地に適した建物かどうか

投資物件としてのアパートの価値はどこで決まるでしょうか。立地については専門性がそれほど高くなく、素人目に見ても良く分かることが少なくありません。しかし建物については知らないことが多く、素人目で短絡的に判断すると、どうしても失敗しやすくなってしまいます。投資物件としてのアパートを見るとき、まずは立地に適した建物かどうかを見るようにしましょう。それぞれの建物には想定しているニーズというものがあります。たとえば、ファミリー向けのアパートと単身向けのアパートでは、建物の規模や構造から全く違ってきます。そうした構造と立地とを良く精査することが大切です。ファミリー向けの需要が見込める立地で、単身向けのアパートを購入したら、収益が見込めるでしょうか。そうした立地と建物の一貫性をよく考えて、投資物件を見るように心がけましょう。

建物の構造に気を払う

古い物件を改築して、売り出されている投資物件は少なくありません。アパートも古くなればいつかはリノベーションをすることになるかもしれません。しかし、建物の構造上リノベーションがしづらい物件というのも中にはあります。たとえば、軽量鉄骨の建物です。軽量鉄骨の建物は柱が多いため、リノベーションをするのも一苦労です。そのため、建物が老朽化してきた時、修繕するにしても多いなお金がかかってしまうことがあります。リノベーションのしやすい建物としては、鉄筋コンクリート造りのアパートが良いでしょう。鉄筋コンクリート造りのアパートであれば、柱が少なく修繕がしやすい上に、アパートであればマンションと違って住宅の規模が小さいために、費用もさほどかからずに済みます。

人気の投資先

マンション

アパートを投資物件として活用するのは、単に家賃収入を得ること以外にもメリットがあります。相続税をはじめとした税金を節約できる場合もあるため、節税対策の一環としてアパートを運用しても良いでしょう。

詳しく読む

恐怖を感じる必要はない

集合住宅

アパート販売会社に勤めていた頃から、私は2つの疑問を感じていました。なぜ多くの方が不動産投資に恐怖を感じるのか、なぜ多くの方が区分マンションを購入するのか、まったく理解できないのです。投資物件としてのアパートの魅力を理解し、安定した家賃収入を得ることをおすすめします。

詳しく読む